西樵鎮は広東省珠江デルタの仏山市南西部に位置し、中国の「AAAAA級風景名勝区」及び「国家森林公園」と指定され、「中国生地名鎮」、「中国龍狮名鎮」とも呼ばれて、面積が約176平方キロで、行政区画で5のコミュニティ及び27の村を管轄し、常住人口が22万人である。主要な産業が紡績や陶芸品、観光などを含む。

西樵の紡績産業が「広纱甲天下、丝绸誉神州」と賞賛されます。20世纪の80年代に、完備された生産、販売システムを構築し、紡績工場と店舗がそれぞれに千社、紡績機器が一万台を保有し、生産能力が一億メートルに達した。近年来、西樵が「五個一」(プラットホーム、システム、基地、マーケット、ブランド)に基づき、紡績産業の昇格及び企業再編に注力を注ぎ、既に30社の100ぐらいの製品が 「中国流行生地」の栄誉を獲得した。現在は、西樵鎮の紡績企業が1000社、紡績機器が3万台、年間生産能力が10億メートルに達し、一流的な物流基地や研究開発基地、服装生産卸売基地、仕上げ加工基地を建設した。広東省の西樵軽紡城は、敷地面積が1000ムー、店舗数が2000軒で、中国の四つの紡績品卸売市場の一つ及び広東省の大型卸売市場に発展した。

西樵が中国の有名な観光地として知られて、西樵に西樵山と西岸茶山景勝地がある。西樵山が広東で一番の名山と言われて、 「西樵山文化」が中華文明の発展に大きな役割を果たし、考古学者に「珠江文明の燈台」と呼ばれる。西樵の観光資源が山水や人文、ライオンダンス文化、仏教、道教、儒教の文化を相互に融合し、濃厚な地方の特色がある。西樵山が美しい自然風景と豊富な人文景観で知られて、中国の「重点風景名勝区」、「国家AAAAA級観光地」、「国家森林公園」及び「国家地質公園」の栄誉を獲得した。近年来、西樵が「国家5A級観光地」を目指して、「一山一区三節点」の都市計画に基づき、西樵山風景区をもとに、官山市街地、樵園観光接待区及び南部の桑基鱼池、平沙生態農業区、西岸観光レジャー区などの周辺地区の開発に注力を注ぎ、自然環境が美しく、施設が完備で、品位と知名度が高い生態的な国家5A級観光地の建設に取り組んでいる。