> 白雲洞

白雲洞

  • 董必武が一九六四年三月に創作した《游西樵白雲洞》で、「欲揽西樵勝,先応訪白雲」”により西樵山の一番の美景と思われる白雲洞の美しい景色を描写した。
  • 三つの洞窟及び二十四箇所の美景があり、主な観光スポットとしては、奎光楼、飛流千尺、三湖書院、連理枝榕樹、霊感石、仰辰台等を含み、その内の西樵雲瀑が清時代に「羊城八景」の一つと指定された。
  • 奎光楼

    飛流千尺

  • 白雲洞景勝地の入口にと「奎光楼」があり、に中国文字の創始者の倉颉を祭り、「奎光楼」に開文雲点の状元、中国古代文学二十八宿の一つの魁星という神様を祭り、魁星の手にそれぞれに闘という容器及び毛筆を取り、名前が書かれた人が科挙の試験で状元となる。
  • 清時代の乾隆丁酉年において、現地の西樵住民が暦年の科挙試験で合格となった人が出てなく、西樵簡村の二十八户の住民が現地の文化を振興するため、寄付金で白雲洞に奎光楼とを建造した。その後、現地の住民が科挙試験及び子供の入学に当たり、奎光楼とで式を催し、倉颉と魁星を参拝する。
  • 三湖書院は清乾隆54年に建てられ、応潮湖、鉴湖、会龍湖の間で三湖書院と名づけられた。遠くから民族英雄と呼ばれる林則徐が書く「三湖書院」の横額が見えて、書院の左側に清の康有為の銅像があり、銅像の後ろの石壁に「戊戌変法」と彫刻される。今の三湖書院は1987年に再建され、入口が二つあり、レンガと白い瓦で飾られた古風と感じられる小さな建築物である。院内に入ると、緑が目に映り、木が高く、石に画が彫刻され、立派で荘厳な雰囲気が強く感じられる。
  • 三湖書院
  • 三湖書院