> 翠岩

翠岩

  • 翠岩は西樵山の中部にあり、上部が狭く、下部が広いの漏斗状の峡谷である。清の画家の黎简と何丹山は翠岩に住み、画を描いたり、詩を創作したこともあった。石壁に黎简と何丹山の书舍、画室があり、翠岩が嶺南画派の発祥地と呼ばれて、主に無叶井、翠岩、懸崖彫刻、瓢箪井、蟹眼泉、黎二樵画室遺跡、碧雲村、桂花園などの観光スポットがある。 翠岩は西樵山の中部にあり、上部が狭く、下部が広いの漏斗状の峡谷である。清の画家の黎简と何丹山は翠岩に住み、画を描いたり、詩を創作したこともあった。石壁に黎简と何丹山の书舍、画室があり、翠岩が嶺南画派の発祥地と呼ばれて、主に無叶井、翠岩、懸崖彫刻、瓢箪井、蟹眼泉、黎二樵画室遺跡、碧雲村、桂花園などの観光スポットがある。
  • 碧雲峰の西に漏斗状の峡谷があり、両側に崖が聳えて、木が生い茂って、至る所に緑が目に映る。入口は「捍門」と呼ばれて、幅が約20メートルで、峡谷内は広くて、奥へ行くと、狭くなり、全長が約80メートルである。「捍門」の後ろに「古愚谷」、「半月泉」、「嶙峋壁」、「百花台」、「龍須瀑布」など観光スポットがある。峡谷の底に淵があり、二本の泉が流れて、剛柔の対比で陰陽水と呼ばれる。淵から山へ登り、「听瀑楼」につき、「听瀑楼」の両側に瓢箪井という井戸があり、石の隙間から流れる泉が瓢箪井に流れ込む。崖側の桟道で「通玲瓏径」という観光スポットがあり、瀑布から上に行くと、碧雲村がある。峡谷に2つの石室があり、清の画家の黎简と何丹山がここで作画し、黎简が山の崖に「天然図画」の文字を刻み、何丹山も壁に詩句を書いた。壁に彫刻された詩句が多く残った。峡谷にカイドウ、紫背天葵、翠雲草、石上柏などの植物があり、木が生い茂って、花が咲き、渓流が流れて、至る所に、仙境のような美しい景色が目に映る。