> 桃花園

桃花園

  • 西樵山桃花園は珠江デルタにおける最大規模の鑑賞性桃花公園で、面積が四百ムーで、百種類の桃樹4000本があり、その内に様々な珍しい品種も含めて、桃花が満開の時に、山の至る所に赤い桃花で飾られ、景色がとても美しいである。
  • 桃花園の桃花が山坂に沿って植え、山坂ごとの桃花の品種も異なり、夕焼けや白い雪のような桃花が争って咲いた。「清枝密伦」と呼ばれる珍しい桃花が白い色で、花の蕊が10本で、白い雪のような透明な色で、香りが濃く、魅力が溢れて、名実が合う桃の花仙子である。
  • 山に雲路村という村があり、村によく知られない李子長の墓もある。李子長は明代学者の陳献章の学生であり、書画に長けて、権勢に抗うで、世間を逃れて隠れ住み、人柄がよく、敬慕される。言い伝えによると、李子長が描いた魚、花、月、猫、鶏、人物がまるで活きるようで、言い伝えは、人々が民間の画家である陳献章に対する偲ぶと敬慕を表す。