> 四方竹茶花園

四方竹茶花園

  • 四方竹園は「四方竹」、「宝峰勝処」、「宝峰寺遺跡」、「春風亭」、「茶園」、「茶花園」、「霍韬妾氏の墓」などを含む公園である。
  • 竹園に入ると、竹の香りが広がり、四方竹は中国の重点保護対象並びに西樵山の特有の貴重な観賞植物であり、竹園から四方竹を移転すれば、三年にならずに、竹が丸い形となる。四方竹の高さが3~4メートル、形が正方形で、手で竹を握ると、正方形を強く感じられる。四方竹の葉が狭くて、明らかな竹の節があり、普通の竹より細く、低いである。竹園に四方竹のほかに、羅漢竹、菩薩竹などの竹もある。
  • 竹林から前に行くと、竹園のもう一つの観光スポットの茶園に入る。茶園にたくさんの茶の木が植えられる。茶の木の高さがばらつきで、とても低いものも、五、六メートルのものもある。木に燈篭の形で、緑の果実が垂れて、果実が小さくて、可愛いけど、味が苦く渋いで、茶油を搾るのみで使用する。
  • 泉が流れ、花が咲く西樵山は拠所の物語が多く、その中で、石巻貝と鮒に関する物語がよく知られる。
  • 言い伝えによると、山の寺に小僧が居て、中秋節の時に、皆が月餅や石巻貝を食べることを見て、食べたくなり、川から石巻貝と鮒を捕りた。彼が石巻貝と鮒の調理を行うところに、住持が帰った、この場面を見た住持は小僧に殺生と罵ってながら、石巻貝と鮒を川へ逃させた。住持の法術又はその他原因により、調理された石巻貝も鮒も小さなキズが付くだけで、生き生きと活きている。想像もできない奇跡と言えるでしょ。
  • 石巻貝は、山の瀑布と渓流でよく見えるが、山の鮒が段々姿が消えた。