> 石燕岩

石燕岩

  • 石燕岩は西樵山の東南に位置し、古代の採石場の遺跡である。明の初期から、石燕岩で岩の採掘を始まった。、石燕岩景勝地は、「景良亭」、「天窓格」、「石屏風」、「石燕岩」、「石祠堂」、「雲岩古寺」、「雲岩飛瀑」、「冬菇石」などの観光スポットがある。
  • 石屏風」は「天窓格」下部の「石燕岩」の入口と程近くて、長さは数十メートル、高さは約20メートル、幅は1メートルで、正面からみると、峰が聳えて、側面からみると、、雲での屏風のような雄大な形で、それは古代の採石労働者が残った境目マークで、今になって非常に壮観な観光スポットとなる。石燕岩は石燕の生息で名付けて、洞穴の入口が唇のような形で狭くて、奥へ行くと広がり、千人が収納できる。
  • 石燕岩は内外の2段で、外洞の高さは数丈で、洞壁に結露し、六月の真夏で入っても、寒いと感じられる。内洞は水の溜まりで湖となり、澄んだ水が底まで見え、湖に遊覧船が運営する。水洞に二つの巨大な石があり、一つは水面から出て、自動車のような形で、「水底自動車」と呼ばれる。もう一つは、水の下にあり、牌楼の形で、「七色牌楼」と呼ばれる。その形が本物と似てて、人を驚かす。水洞の水が深く、水洞間も繋がり、まだ人が入ってない水洞もあり、最も驚くのは、大雨が止む時に、洞内から白い霧が漂って、神秘感を増やすことになる。