>山水豆腐花

山水豆腐花

豆腐花は大豆で作った軽食であり、大豆を水に浸漬し膨張させ、すりつぶしと濾過で豆乳をもらい、豆乳に凝固剤を入れて、冷やした後に豆腐花となる。豆腐花は伝統的な広東風の食品として、広東の各地でよく見られる。西樵山の村民は伝統の石臼並びに西樵山の泉で豆腐花を作り、また西樵山の蜂蜜を入れたら、西樵山の特有の山水豆腐花となり、今は、西樵山で豆腐花を売る売店もある。