>ハヤトウリ

ハヤトウリ

ハヤトウリは、チョョテとも呼ばれて、ウリ科に属して、二年生の植物で、19世紀に原産国のメキシコから中国に伝わった。西樵山の風土はハヤトウリの生長に相応しく、現地の住民がハヤトウリを多く植えて、歳月を経つと、西樵山の特産品になる。ハヤトウリが円錐形で、表面に不規則な縦方向の溝があり、外形が仏の掌と似てて、色は靑緑色で、味は甘いである。果実に種一枚があり、種を果実から取ると、芽が生えないので、果実と共に栽培し、現地の住民が「瓜を植え、瓜を収穫する」とよく言ってる。ハヤトウリは野菜として栄養が豊富で、よく食べると、身体の免疫力を高めることができる。