>木犀酒

木犀酒

西樵山の村民は、古くから木犀酒の醸造を始まり、秋になると、山で木犀が咲き、色が赤くて、香りが遠くまで流れていく。現地の住民が朝の太陽が昇り、露が消えないうちに木犀を採り、日陰の場所に一日で自然乾燥し、山の泉で薫蒸し、木犀500キログラムに赤砂糖三両を加入し発酵させ、7日後に35度以上のもち米やもちアワで作った酒に入れて、容器を密封し、1年以上を保管する。現地の住民が伝統的な技法で作った木犀酒が黄色いの透明色で、赤みが帯びて、香りが強く、飲みやすいである。散寒、去痰、咳止めの効果がある。