>西樵大餅

西樵大餅

西樵大餅は、明の弘治年間から作り始めて、300年余りの歴史があり、広東の有名なお菓子として名が広がっている。西樵大餅が丸い形で、直径が20ミリ、最大重量が1キロで、白と黄色いで合わせて色で、食材が小麦粉、砂糖、豚油、卵及び西樵山の泉を使用し、味が甘くて、口に香りが残り、餅が満月の形で、花美しく月まどか.円満で仲むつまじいの意味を表し、現地の住民が結婚などの祝い事で贈り物として互いに贈る。

経済の多元化の発展に伴い、人々の好みも多種多様となり、西樵大餅が時代の変革により品種の多様化を図る。近年来、カスタード味の餅も市場へ出回り、従来型の餅に対して、カスタード味の餅が柔らかくて、口で溶けるような感覚があり、味ももっと美味しいである。

西樵大餅と言えば、物語がある。言い伝えによると、明の弘治年間に、史部尚書の方献夫は、ある日に朝4時に起きて、顔を洗ってから朝食を待って、朝食がななかな持ってないで、台所に見ると、コックが寝坊で、料理も作ってないである。方献夫がまな板に発酵した練り粉を見て、コックに練り粉に卵と砂糖を加えて餅を作ると命じて、出来上がってからストーブで焼き、その後、餅を布で包みをしてから、朝廷に出て政務をとることになった。方献夫は朝廷に着いて、お茶を飲みながら餅を食べて、餅が柔らかくて、とても美味しいである。同僚は餅の香りで集まり、何の餅だと聞かれて、方献夫は故郷に愛して、思わずに「これは西樵大餅」と答えた。散朝後、方献夫はコックに同じ方法で数十個の餅を作りと命じて、翌日に同僚に配って、賞賛を得て、その後、名も広がっていた。方献夫はお客様が来た時もよく餅を作って招待し、その後、彼が病気を口実に故郷へ帰り、西樵山に石泉書院を設立し、講義をして、また餅製作の技法を現地の住民に教えていた。西樵大餅は現地の泉水を入れて、味がもっと美味しくなった。