> グリーン道路について

仏山市南海区西樵鎮グリーン道路について

  • 西樵鎮は、珠江デルタにおける道路建設に関する「一年で完工、二年で使用、三年で完備となる」の目標及び区委、区政府の計画に基づき、グリーン道路の建設に注力を注ぎ、全面的に推進を行う。
  • 一、線路:
  • 西樵グリーン道路は、丹灶下安大橋から西樵に入り、大新幹線道路に沿って、下安立交匝道上北江西岸堤路に入り、樵高路、西樵大橋を経て顺德水道から樵晖新村を経由で莘村、樵陽村幹線道路と繋がり、执信中学校側のグリーン道路に入る。樟坑村、大坑村を経て環山湖堤路に入り、黄大仙聖境園から竹园路、朝山村村路と繋がり、朝山村桑基鱼塘を経由で朝山工業団地に入り、歩道橋を経由で九江璜玑幹線道路に入る。西樵鎮の幹線道路の全長がが23キロで、その内、生態型グリーン道路が7.6キロ、農村部で12.4キロ、都市部で3キロである。
  • 二、設計テーマ——美しい樵山
  • 西樵山観光名勝区の自然資源及び文化資源に基づき、観光やリゾート、科学研究、文化教育を一体化にする国家級景勝地を目指して建設を行う。
  • 三、プロジェクトの計画
  • 西樵の歴史文化、宗教文化、生態文化、武術文化、桑基魚池の体験ツアーなどのプロジェクトを合わせて開発を進める。
  • 四、グリーン道路の景観
  • 西樵グリーン道路は、西樵山国家森林公園、国家級風景名勝区及びユネスコが指定する基塘農業保護区などの重要な観光地を繋がる幹線道路である。途中に嶺南の古建築、美しい北江景色、桑基魚池が見られて、並びに人文と自然景観を突き出すため、幹線道路の周辺に四季に応じた各種の植物を植え、「日出江花紅勝火、春来江水緑如蓝」の素晴らしい景色を作り上げる。
  • 五、サービス施設
  • グリーン道路ののサービス施設は、管理施設、商業施設、宿泊施設、科学教育施設、環境衛生施設などを含み、並びに観光客の休憩、ショッピング、乗り換えの機能をそれぞれに対応するサービスステーションの設置により、完備されるサービス施設を建設する。
  • 西樵グリーン道路に1級と2級のサービスエリア各一箇所を保有し、1級サービスエリアの黄大仙サービスエリアは、西樵山風景名勝区の山南路の入り口にあり、敷地面積が2075平方メートル、建築面積が1294.36平方メートルで、嶺南の古代建築の風格を採用し、主に観光客向けのサービスセンター、自転車リースサービスセンター、駐車場、タクシー乗り場、飲食サービスエリア、郵便サービスエリア、医療室、旅行資料展示区などを設置するサービスエリアは、幹線道路の管理、総合的サービス、乗り換えなどの機能をそれぞれに対応できる。現在は、二回目の内装工事を行い、9月の使用を予定する。2級サービスエリアの莘村サービスエリアは、樵暉新村の向こう側の桂丹園の傍にあり、主に商品の販売、自転車のリース、乗り換えなどの機能を対応でき、既に使用を開始した。
  • 今後は、西樵鎮がグリーン道路、特に西樵山グリーン道路の建設を加速し、安全管理を強化し、自転車リース業務を進めて、観光客が自転車を乗りながら、、西樵山の素晴らしい景色を楽しめるよう、取り組む。